2018年2月のオープンショールーム:和の器・調理道具・和紙製品

2018.02.22 Thursday

0

    今朝は都内もみぞれが観測されたといいますね。寒さが行ったり来たりで春が近づいてくるのですね。

    寒いと想像される明後日から二日間、2月24日(土)・25日(日)12:00〜17:00のオープンショールームについて、間際の告知を少々させていただきます。

     

     

    先日ご紹介した九雲の「鉄のフライパン炒28cm」も勿論お手にとって見ていただけるようご用意しておりますが、その他にちょっぴりサービス企画。

    これまで当店で「果樹の箸 蜜蝋仕上げ」をお買い求めくださった皆さまを対象に、お持ち込みいただければ その場で箸に蜜蝋を塗って差し上げます。

     

     

    こちらの箸。数回使って洗うと表面の艶を失いますが、お手持ちの蜜蝋または(少しベタつくかもですが)オリーブオイルを塗って手入れをしていただければ艶が蘇りいつも綺麗でいられる商品です。

    当店で竹のまな板用に置いている蜜蝋「蜜缶」をご利用いただいても、ホームセンターで蜜蝋をお求めいただいても良いのですが、購入するにはチョットというお近くのお客様は、この機会にご自分の洗った果樹の箸をお持ち寄りください。

     

    また、来月オンラインでの販売予定の無垢の花梨の木のスプーンやレードルなども、入荷が間に合えばショールームに並べる予定です。

     

     

    当店スタッフではサンプルを使用済なので近日コレ押しレポとして詳しくご紹介するつもりですが、簡単にご案内すると花梨材といっても実のなる花梨ではない、ラオスの花梨を現地の工場で手作りした製品となります。

    こちらも塗装なしを取り寄せましたので、当店で蜜蝋を塗ってご提供します。

     

     

    それからオンライン販売前の新商品、青竹角ザルもご用意しています。丸ザルより収納はしやすい長方形の、日本製です。

    こちらも近いうちコレ押しレポいたします。小松菜が長いまま丁度収まるサイズと、ひとまわり大きなサイズの2サイズございます

     

    それではお時間許す皆さま、寒いと思いますがどうぞお立ち寄りください。お待ちしています!

     

    コメント
    コメントする