vol.26 九谷焼招き猫

2018.01.04 Thursday

0

    2018 新年あけましておめでとうございます!

    本年も商品の使用感などお伝えしていけたらと思っています、どうぞ当店ともどもブログ応援をよろしくお願いいたします!

     

    皆さま大晦日、三が日と良いお正月をお過ごしになられたことでしょう。

    当店年末年始の休業中にいただきましたオンライン注文の品は、本日発送させていただきました。ありがとうございます。

     

    さて年始はじめのコレ押しレポは「九谷焼招き猫」シリーズのご紹介です!

     

     

    当ショールームの顔にもなっております九谷焼招き猫 金ブチ 10号

    こちらはショールームにあるのがお見本となり、お客様のご希望で揚げ手とお座布団の有無を選択いただいての受注生産品となっています。

     

     

    熟練の職人による手仕事品なので、ご注文から1ヶ月ほどお届けまでお時間いただく商品としてご案内しています。

    今回オープンショールームへお越しいただいたお客様がお求めくださったのものは、昨年中にお届けできました。きっとお客様も一層良い新年をお迎えになったかと思います。

    と申しますのも、当店この10号が来てから「お金」ではないですが(汗)ありがたく「お仕事」が増えましたので。

     

     

    使用感レポが新年早々生ナマしくて恐縮ですが、こういった置物は毎日顔をあわせるものですから、なんといっても様子を心から気に入らないといけませんよね。

    店長も私も、こちらの10号のお顔立ちや金ブチのデザインが気に入ったので、他の10号は取り扱いしていません。

    ですから、手描きの絵柄は同じモノを作れないことご了承の上とはいえ、殆ど同じモノの制作を発注しています。

     

     

    今回のお客様用のと並べてみると、金泊のブチも顔立ちも殆ど同じで安心しました。

    パッと見異なる部分は前掛けの色合い(お客様の方が明るいオレンジ色でした)と、目が少しクリッと愛らし目なものが届いたというくらいでしょうか。

    大きなお買い物になりますので、ご興味ある方は可能な限り当ショールームでお見本をご確認いただくことオススメします。

     

     

    10号は置き場もとるし手が出ないというお客様の声もあったので、手のひらサイズの2.5号も取り扱い始めました。

    顔立ちは10号より可愛らしくなりますが、アニメっぽくない大人な可愛さです。

    3タイプご用意しています。10号と同じ福寄せの白猫に「盛(もり)」の技が光る白盛も、お近くの方はショールームでお手にとってご覧いただければと思います。

     

     

    ご存知の通り、招き猫は右手を揚げているのが「人(客)」を、左手が「金(財)」を呼ぶといわれています。

    手が長い方が熊手と同様遠くからも掻き集めてくれると考える方が多いようで、こちらの10号も昔の型を手長に変えたのですよとお話伺った記憶です。

    当店取り扱いの2.5号はタイプで揚げ手が異なりますのでご注意ください。2.5号は通常14時までのご注文で当日発送でき、300円配送も可能です。

    こちらは小さいながらに上品ですから、私も友人のお祝いに贈りたいと思っています。

    コメント
    コメントする